​絵本屋南風-minamikazebooks-

札幌市郊外にある絵本専門のセレクトショップです。店主が選りすぐりの絵本をあなたに紹介します。

年に数回音楽やライブペイントと読み聞かせのコラボイベントや読書会を開催しています。最新情報は店主ブログにてご確認お願いします。

《1階》

絵本、児童書を置いています。

読み聞かせイベント、音楽ライブ、ライブペイント

なども開催しています。

《2階》

当店のロゴを描いて下さった近藤康平さんの作品常設展示(ご購入可能です)や店主セレクトの北欧雑貨の販売をしています。

近藤康平(画家・ライブペイントパフォーマー)

http://kondokohei.net

​絵本屋南風店主

出町 南(Minami Demachi)

​☆JPIC読書アドバイザー

〇1955年生まれ 現在63歳

〇札幌市で小学校教員を36年務め59歳で退職

〇20代中頃から、北海道学校図書館協会選定部に所属。現在も選定の仕事を手伝っている。(定例選定会は市教委で月2回)

※選定部⇒毎月発売される新刊本(東販経由)を読んでチェックし、選定された月ごとの良書リストを学校図書館向けに発信する部。

 私自身は、0歳児~8歳児の<幼児・低学年の部>を担当し40年となる。

〇60歳から、セレクト書店(絵本・児童書専門店「絵本屋カフェ南風」)を開業。約3000冊の本を扱っている。

 お客様対応は、予約制で、ニーズに合わせた選本のアドバイスをしながら販売している。リピーターのお客様、学校の図書館、幼稚園・保育園などでの定期購入が多い。

長沼町の古民家カフェ「こぐま座」でも、月1度出張本屋を開催し、トークを交えて絵本の魅力を伝えながら販売している。

本の販売以外に、定期的な絵本学習会、絵本ライブパフォーマンス、ワークショップなどで、本の魅力を発信している。

〇過去には、道新フムフムで新刊本紹介を5年、STVラジオで絵本紹介を半年担当した。最近では、道新夕刊「シニアも絵本を楽しもう」に掲載された。

〇選書、図書活用等について、保育園・幼稚園~高校、図書館司書むけの講座などで、外部講師として呼ばれている。